The Gay Husser The Gay Husser | ヨーロッパ各国料理 | ロンドン・レストランガイド

The Gay Husser

1956年創業のハンガリー料理店

賑やかなチャリング・クロス・ロードから一歩入ると、打って変わって落ち着いた雰囲気を醸すグリーク・ストリート。そこに、ハンガリー料理レストランとして重鎮の趣で店を構えるのが「ゲイ・ハッサー」だ。店名は、「ハンガリー軍の騎士」という意味。1956年に創業後、詩人T.S.エリオットなどの文芸人を引き付け、やがて労働党の知性派左翼が常連となる。多くの政変構想が練られたのもここ。

室内を見渡すと、壁には風刺漫画家による政治家ポートレートが並び、本棚には彼らの自伝本がサイン入りで収められている。食事も長年愛されるメニューがずらり。キャベツの肉包みは、ゆっくり煮込まれた優しい味を、サワー・クリームの酸味とベーコン&ソーセージの塩気が引き立てる。前菜のニシンのマリネ(5.25ポンド)は、脂の乗った大きな切り身がワインと良く合い、すんなり胃袋に収まってしまう。他にも、煮込みシチューの「グヤーシュ」や子牛肉のカツレツなど、東欧のソウル・フードが堪能できる。

The Gay Husser

Googleマップで開く



エリアから検索

ロンドン中心部
シティ
ロンドン西部
ロンドン南西部
ロンドン東部
ロンドン北部
ロンドン北西部
ロンドン南東部
ロンドン郊外
その他の都市